シミ用の化粧品といってもシミそのものに作用する化粧品とシミを上から隠す化粧品があります。
あとはシミを予防する化粧品というのもありますね。
シミを予防する化粧品は紫外線カットの効果が高い化粧品で、シミを隠す化粧品はファンデーションなどが思い浮かびます。

では、シミを消す化粧品、できてしまったシミに効く化粧品はあるのでしょうか?
結論から言うとできてしまったシミそのものに使う化粧品というのはあります。
ではそれで実際にシミが消えるのかというとちょっと難しいです。
化粧品はあくまで化粧品なのでせいぜい「シミが薄くなったような気がするなぁ」という程度しか期待できません。

完全に消すにはレーザー治療しかないと思います。
しかしレーザー治療は費用の面はもちろん安全面でも少し心配がある人が多いのではないでしょうか。
万が一失敗したりしてシミが余計目立ったりお肌に異常があったら・・・とか考えてしまいますよね。

女性の場合は無理に消さなくてもある程度はファンデーションなどで隠せるので、シミ用の化粧品をフル活用して乗り切るのもいいのではないでしょうか。

出来てしまったシミ用のクリームにはハイドロキノンが入っているものとそうでないものがあります。
ハイドロキノンはお肌への刺激が強い成分なので使うときには色々と注意が必要です。
例えば同じ部分に6ヶ月以上使わないとかクリーム使用中はいつも以上に紫外線に気をつける、本格的に使う前にお肌の目立たない部分に少しだけ塗ってみて異常が出ないかのパッチテストを行うなどが注意点として挙げられます。

気軽に使うならハイドロキノンが入っていないクリームの方がいいですね。
例えばブライトニングフォーミュラというシミ用クリームにはハイドロキノンは入っていないので、今までシミ用クリームを使ったことが無い人はまずはブライトニングフォーミュラを試してみてはどうでしょうか。

参考サイト:シミに効くおすすめ化粧品