» 未分類のブログ記事

濃い太いすね毛を薄くするには脱毛が効果的です。
いくらカミソリやシェーバーで剃ってもすね毛は薄くはなりませんが、脱毛器を使った脱毛で薄くなるからです。
例え脱毛でもブラジリアンワックス脱毛や脱毛クリームでは薄くはなりません。

脱毛器を使った脱毛には脱毛サロンでのIPL光脱毛、美容クリニックでの医療レーザー永久脱毛、そして家庭用の脱毛器を使ったセルフ脱毛があります。

ワキ脱毛なんかだと脱毛サロンですごく安くやってもらえるのですが、すね毛(ヒザ下)脱毛は10回以上やろうと思ったら数万円はかかります。
脱毛は1回や2回くらいやっただけではあまり効果が無く、最低でも5~6回、出来れば12回以上はやっておきたいところです。
医療脱毛の場合も5回くらいはやった方がいいみたいですね。
医療脱毛ができる美容クリニックというのはまだ数が少ないので近場に無ければかなり遠くまで行かなくてはいけないこともあるはずです。
そういう場合には家庭用の脱毛器を購入してセルフ脱毛してみてもいいかもしれません。

ケノンという脱毛器が通販で買えるのですがとても評判が良く、楽天市場の脱毛器ランキングでも上位の常連です。
価格は69800円ですが既に書いた通り、脱毛サロンでもすね毛脱毛は数万円はかかるので、コスパで考えればほぼ全身を脱毛し放題で69800円のケノンは決して悪くはないはずです。
脱毛方式も脱毛サロンで主流の光式の脱毛器ですし、それが家庭で簡単に使えてしまうのですごいですよね。

脱毛は毛周期というものを考慮して1ヶ月おきとか2ヶ月おきとかに照射していくのですが、ケノンなら雨の日でも夜中でも自宅で簡単にできるので、面倒な予約が必要な脱毛サロンや美容クリニックよりその部分も優れています。
ケノンなら混雑していて予約が取れないということとは無縁ですからね。
光脱毛の弱点として色素の薄い産毛に反応しにくい、日焼けしすぎた黒い肌には照射できない、ほくろに照射しないようにテープなどで目隠しをして使う、という部分があります。
濃い太い毛でも問題なく使用できます。

脱毛サロンに通うとき、男性の場合にはメンズ専用脱毛サロンというのを探さなくてはいけないのですが、やっぱり数が少ないのでそういう場合にもケノンは有効です。
ミュゼプラチナムとか銀座カラーとか、そういった全国展開の有名サロンはだいたい女性専用ですからね。
メンズTBCが全国展開しているメンズ脱毛サロンですが、やっぱり値段は結構します。
コスパを考えればケノンがいいでしょうね。

さらに詳しく!
ケノン すね毛 薄く

カラコンは基本的には自分の黒目を裸眼より大きく見せたいときに使うことが多いです。
しかし、人によってはカラコンを付けると黒目部分が大きくなりすぎて宇宙人みたいに見えてしまったり、黒目の大きさを変えずに黒目部分の色だけを変えたいと思っている人もいるはずです。

そんな人には着色直径が小さめのカラコンがおすすめです。
レンズそのものの直径は一般的なカラコンと変わらなくても着色直径が小さければ黒目部分が大きく見えすぎることがありません。
着色直径が13mm以下なら小さめカラコンといっていいと思いますが何mmがベストなのかは人によって違ってきます。
だから自分に最適なサイズが見つかるまでは色々なサイズを試してみることをおすすめします。

小さめカラコンを買うのにおすすめなのはモアコンタクトというカラコン通販サイトです。
このショップは検索機能が使いやすくて「着色直径12.9mm」のように着色直径を指定してカラコンを探すことができます。
検索条件は着色直径以外にも「グレー」「レッド」などの色や「ワンデー」「1か月タイプ」などの使用期限、レンズ直径(DIA)など色々な条件を組み合わせて検索できます。
扱っているカラコンの種類もとても多いので自分に最適なカラコンがきっと見つかると思います。

その他にはフォーリンアイズというメーカーにもミニカラコンシリーズで小さめカラコンがあります。
このシリーズは他のメーカーの小さめカラコンと比べても着色直径がかなり小さめです。
着色直径が小さめのカラコンをいろいろ試したけどそれでもまだ大きく感じるという人はフォーリンアイズのミニカラコンを試してみてはどうでしょうか。

参考サイト:カラコン 小さい